FC2ブログ

「ぐるたび」って、知っていますか? - 東京JR総武線亀戸 「すし屋の弥助」

東京JR総武線亀戸 「すし屋の弥助」 ホーム » お知らせ » 「ぐるたび」って、知っていますか?

「ぐるたび」って、知っていますか?

【ぐるたび】は、《ぐるなび》から生まれたサイトです。

《ぐるなび》は、ネットをしている人なら知らない人はいないぐらい知れ渡っているサイトですよね。

その《ぐるなび》の新事業として、ご当地グルメサイトを作ったのです。

そして、今、その【ぐるたび】のトップページに弥助が出ています。
おやじの写真まで、トップページに出ています。

「え~~、佐渡の料理を東京で作っても、ご当地じゃないでしょう!」
と言われるかもしれません。

いえいえ、ぐるたびは、「ふるさと応援メニュー」を作っています。
『「ふるさと応援メニュー」とは地元のみならず、大都市圏でもふるさとの食材や料理を食べることで、ふるさとの食文化への気づきや再認識、共感、そして食べて守るという活動へのきっかけを目指しています。』

なんだか、ここまでは【ぐるたび】の紹介になりましたねぇ。

さてさて、弥助の話です。
4月19日には、この日のために佐渡から足を運んでくださった地元住民の方々をはじめ、現在は故郷を離れながらも佐渡を愛するモト地元の方々、新聞社ほかメディアの方々など、約20名の参加者が弥助に集いました。

佐渡の生産者さんとのライブでの映像付きのお話までありました。

ライブでの、おやじの佐渡の方との会話の一発目は
「北狄(きたえびすという地域)もん、だっちゃ。」
と、佐渡弁を出して、楽しませてくれました。

【ぐるたび】サイトで、弥助での佐渡の食材を使った試食会を紹介してるのは、こちら→http://gurutabi-news.gnavi.co.jp/2012/04/post-2674.html

佐渡からいらっしゃったいごねりの早助屋さんの社長さんから、「このように上品に美味しく作ってもらって…」というようなコメントをいただいたように、地元の人の食べ方に一工夫を凝らしたのでとても好評でした。

おやじは、佐渡への思いの強い人なので、佐渡のこととなると目の色が変わります。

これからも、弥助は佐渡を応援します。

と、いうことで、4日~6日の亀戸いきいきマルシェのイベントでも、佐渡の塩や飴を販売するのです。
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yasukesusi.blog27.fc2.com/tb.php/59-895a0178